博物館

マカロニ・ウエスタンについて

牡猫ムルの蓄音館 学芸員ムル

マカロニ・ウエスタンとは我が国のみ通用する呼び名で世界的にはスパゲッティ・ウエスタンと呼ばれています。
発想は同じかと・・・。ただ「マカロニとスパゲッティ、どっち食べたい?」と聞かれると「スパゲッティ!」といういう派が多いと思われるのに、「何故??」という感じ・・・。40年前はマカロニ料理の方が人気あったのかな???・・・。さて、近年マカロニ・ウエスタンのサントラ盤のことを「マカトラ」という言い方が誕生し、やや市民権を確立しつつあるところまでやって来ていると思われます。(多分・・・。)これをなんとか海外のコレクターをも巻き込みたいところであります。「ツナミ」とか「エンズイギリ」とかと並んで世界共通の日本語の一つに「マカトラ」を!・・・、ま、たいした話じゃなかったですね。。。説得力にも欠ける話でした。。。

さて、レコードの分類ですが基本的にレーベルのアルファベット順、発売順ということにしました。伊太利亜盤が大半なのでそれらは国名記載無し、その他の国の盤は発売国名を記載します。タイトルについては特に英語圏では多数のタイトルが存在するものもありますので、伊太利亜語表記を原則とします。(ジャケットのクレジットが英語でも記載事項は伊太利亜語タイトルにします。)写真については両面同じデザインのものは片面だけ、また裏側がレコード会社の広告や歌手の宣伝系のもの、マカトラ以外のジャンルのものとのカップリング等も掲載していません。(ただし境界あいまい。ムルの気分しだいです。)

さて純粋、ないしそれに同等なマカトラは世界中でどれだけ発売されたか?さすがに世界中はチト荷が重いので本国伊太利亜のみに限ることにしました。それで1枚のLP、EP中3作品までのカップリング盤を単独マカトラ(所謂サントラ盤、ただしEPに関しては伊太利亜では2作品までのカップリングしかありません。)、4作品以上収録をコンピ盤(コンピレーション盤、作品集のこと)とまず決めます。(ムルが決めました!)当然コンピ盤は以下の数に含まれません。が、更にどこまでがマカトラか、という問題もあります。明らかに西部の町が舞台なら何等問題があるわけがないですが・・・、「怪傑ゾロ」物は入れるのか?(カリフォルニアが西班牙領だった頃の話だし・・・。ただ海外では「怪傑ゾロ」は西部劇に分類する資料が多いです。)「野生の叫び」や「白い牙」系のアラスカ物は入れるのか・・・。「裏切りの荒野」は世界的にマカロニ扱いですが西班牙が舞台だし・・・。(まあ、日本が舞台のマカロニもあることだし・・・。)ですが、まあ、その辺ひっくるめてみんなマカロニにしちゃえ的にまとめると・・・。その結果存在が確認出来たLPが104種(枚ではありません。)シングル、EPが164種(同じく枚ではありません。カップリング盤が数枚ありますので。)まで調べました。これらはジャケット違い物や再発物は勿論含みません。ただしEPに2種未確認のためマカトラかどうかがよく判らない物がありました。(伊太利亜の著名コレクターが西部劇と言っているので、多分そうなんだろう・・・、ということで数に入れてあります。)まあ、その2枚は差し引いたとしても、この後まだ数枚は新たな発見があると思いますが・・・。なおシングルのヴォーカル盤とインスト盤、テイク違い盤、あるいはLPでも音楽盤とフィルム音源盤等で内容違い盤がありますので作品数でもありません。あくまで「種」です。(ただしLPについて該当するのは「続・荒野の1ドル銀貨」と「群盗荒野を裂く」だけですが。)あとジューク・ボックス用シングルに発売盤と異なる内容の物があります。しかしこれは調査しきれないのと、「発売されたもの。」には当たらないだろう・・・、ということで数に入れてません。後は一寸扱いに迷うもので、「荒野の1ドル銀貨」と「Sentenza di Morte」の伊太利亜語ヴァージョンがあります。歌手はサントラと同一ですが、バック・オーケストラがオリジナルと全く異なるのでどんなもんかと・・・。まあ、歌手が同一なので一応数に入れてあります。(気になる人は2枚引いてね。)で、一番悩むところが「Scansati... Trinita Arriva ad Eldorado」音楽ジャンカルロ・チアラメロでして・・・。イタリアのロック・バンドらしい「Delirium」というグループのシングル、アルバムにこの映画のメイン・タイトルに歌詞を付けたとしか思えない「Jesahel」という曲があるのですね・・・。メロディが一緒なんてもんじゃなく演奏はサントラそのものです。ひょっとするとチアラメロってこのグループの一員なのかな?ただこの人のことを調べますとクラッシックの指揮者として何枚かCDが出ていますし、「ルル」というオペラの映画化のサントラを担当しヴィスコンティ作品におけるフランコ・マンニーノのようなカタ〜イ仕事をしているのでロック・ミュージシャンとは思いがたいところがあるので。で、一応、とりあえずこれは数には入れてません。
と、いうことで・・・、以前国内盤CD「究極のマカロニ・ウエスタン」の解説に「伊太利亜でLP80枚、EP120枚が発売された・・・。」というように記載されていましたが(数え方の違いを考慮したとしても。)それはちょっと調査不足と思いますが。。。

さてと・・・、次に・・・、あっ。眠い・・・。Zzz。。。





突然の睡魔に襲われてからず〜っと、ず〜っと、ず〜っとほったらかしだったけどぉ〜・・・、伊太利亜での発売EPとLPをリストにしたゾ〜!
覗いてみそ〜!!

     

↑クリック♪クリック♪クリック♪



↓当蓄音館に展示されている作曲家、指揮者の方々のリストです。



Special thanks to:
Bongiovanni. Intermezzo. A-1 Record Finders. West Point Records. Screen Archives Entertainment. Sumiya.
and Mr. Giovanni Cini. Luc van de Ven. Don Carroll. Maurizio Buttazzoni. Wolfgang John. Yoshi "Garringo" Yasuda. Tatsuya "Ingmar" Isomura. Isao "Kyouki" Mitsui.
..